オランダ・エールディビジのFCエメンは、「新しいスポンサーロゴが入ったユニフォームが認められた」と発表した。

先日大きな話題になったFCエメンのユニフォーム問題。今季エールディビジを戦うにあたって「Easytoys」という会社とスポンサーシップを結んでいた。

その「Easytoys」はいわゆる「アダルトグッズ」を展開する企業で、バイブレーターやディルドー、セクシーランジェリーが主力商品。日本でよく知られる「Tenga」の代理店も務めている。

ところがオランダサッカー連盟(KNVB)がその会社のロゴマークをユニフォームに入れることを認めない方針を発表し、エメンは無印のシャツで戦うことを余儀なくされていた。

しかしながら22日からFCエメン、エールディビジ、そしてKNVBの間で話し合いが行われ、その解決方法が探られた。

そして今回エメンが発表したところによれば、今回ユニフォームに「Easytoys」のスポンサーロゴを入れることが条件付きで認められたという。

条件に関しては、当面今シーズンのみの許可ということになるほか、ショップではスポンサーロゴを入れないユニフォームの購入も選択可能で、子供向けのサイズにはロゴを入れない…という対処になったそう。

先日はPSVアイントホーフェンとのビッグマッチを戦ったエメン。残念ながらそこでは「Easytoys」のロゴを入れられなかった。

しかしながら、今週末の日曜日に開催されるウィレムIIとのホームゲームでは「Easytoys」のロゴが入ったユニフォームがついにデビューとなるという。

【関連記事】超ドシンプルなデザインが強烈だった特別ユニフォームTOP12

現在サッカーマニアの中ではこの貴重なユニフォームをなんとしても手に入れたいという声も多いとか。