ロナルト・クーマン新体制となったバルセロナはビジャレアルとの今季開幕戦に4-0で勝利した。

バイエルン・ミュンヘンから復帰したフィリペ・コウチーニョはトップ下として先発。なんと主審を股抜きするこんな驚きのプレーもやっていたぞ!

立ち塞がる主審の股を抜く!さすがはブラジル人だ…。

【関連記事】久保建英もどう?バルセロナが「買い戻し」をした5名の選手たち

リオネル・メッシとのポジションチェンジなどで流動的にプレーしたコウチーニョは後半25分で交代。

この日のバルサは、トップにメッシ、トップ下にコウチーニョ、右にアントワーヌ・グリーズマン、左にアンス・ファティという布陣だった。

クーマン監督は「グリーズマンは右ウィングから中に入ってプレーした。彼は中央でプレーしなければいけない。レオとポジション交換も可能だ。それは相手にとってさらに難しくなる」と述べていた。