30日に行われたJ1リーグのヴィッセル神戸対名古屋グランパスで、アンドレス・イニエスタが素晴らしいゴールを決めた。

先日トルステン・フィンク監督が退任した神戸は、三浦淳宏新監督が就任してから2試合目となるゲームだった。

前半は0-0とスコアレスに終わったが、60分に試合が動く。郷家友太とのコンビネーションから、ダイレクトで右足!

これは見事!コースが乏しい中、狭いところをピンポイントで通してゴール左隅に沈めたぞ。

このイニエスタのゴールで1-0と勝利したヴィッセル神戸は、これでフィンク監督退任以降3試合をすべて白星で終え、一気に順位を上げている。

【関連記事】「バルセロナを離れた生え抜き選手」ベストイレブン

なお、神戸はこのあと4日に横浜F・マリノスとのアウェイゲームを控えており、今回も中3日のハードスケジュールとなる。