日本が誇る世界的コンテンツ「ドラゴンボール」。海外サッカー界にもファンが多く、スペインでも人気だとされている。

そうしたなか、名前を「Goku」に変えてしまった選手がいた。マンチェスター・シティ、バルセロナB、ビジャレアルなどに所属していたスペイン人MFホアン・ロマンだ。

彼はInstagram上でこんなメッセージを出した。

ホアン・ロマンあらため悟空・ロマン

「これまでの経験や全てのポジティブな出来事について、ホアンという名前に感謝している。

だが、今の僕は悟空だ。

この名前を選んだ理由は、自分がそれが表すのものと一体化していると感じられるからだ。

それは忍耐力、共感、障がいにぶつかった時の成長、光、ポジティブさだ」

27歳になった彼はポーランド2部のミエジュ・レグニツァに所属している。すでにインタビューアーからも「GOKU」と呼ばれているぞ。

GOKUと呼ばれてニッコニコ!素敵な笑顔だ。

【関連記事】「ドラゴンボール」が好き過ぎる海外サッカー選手まとめ

彼は今季5試合で3ゴールを決めている(全得点は人生初のハットトリックによるもの)。