古巣サントスとの契約がわずか6日で停止された元ブラジル代表FWロビーニョ。

ロビーニョは2013年1月にミラノのナイトクラブで5名の男性とともに性的暴行事件に関わった疑いがあり、2017年にイタリアで懲役9年を宣告されている。

『Globo』によれば、ロビーニョと契約したサントスにはスポンサーらから圧力が掛けられていたという。自社の製品を使う女性への尊重を理由に撤退するスポンサーも現われていた。

また、同紙によれば、ロビーニョは最近のインタビューでフェミニスト運動を批判していたそう。

「残念なことにフェミニスト運動が存在する。彼女たちは男に対して反発する」などと発言していたとのこと。

また、「自分が犯した罪は何か?過ちは妻に忠実ではなかったことであり、誰かを同意なしにレイプしたりなどの罪は犯していない」とも述べていたという。

【関連記事】才能を浪費した10名のサッカー選手

ミラノの控訴裁判所は12月10日から第二審を始める。