いよいよ今週から始まった2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

ユヴェントスやバルセロナと同組になったディナモ・キエフを率いるのはミルセア・ルチェスク監督だ。75歳の同氏はルーマニア代表やインテル、シャフタールなどを指揮してきたルーマニアの名将である。

UEFAのインタビューで、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシへの対策を聞かれるとこう述べていた。

ミルセア・ルチェスク(ディナモ・キエフ監督)

「私は彼らと何度も対峙してきたが、我が選手たちはそうではない。

彼らはもうすぐ2人と対峙する。2人がどんなものか説明しなきゃならん。

メッシは狭いスペースで卓越した小柄な選手だ。加速力、自信、ドリブルらを備えているからね。

ロナウドはタイプが違う。彼は得点することが大好きなので、より広いスペースが必要だ。彼には全員の助けが必要なのさ、チームメイトたちの助けがね。

メッシは多くのことを自分一人でできる。

ロナウドはペナルティエリア内かそこから20メートル内なら独力で働くことができる。

だが、彼は他の選手が作ってくれたスペースを活用してシュートを放つ。

そういうことだ。彼らは異なる。とはいえ、2人とも本当に強力な選手だ」

かつてはドリブラーだったロナウドだが、キャリア途中でゴールゲッターに変貌を遂げた。つい先日にはこんな超人的フィジカルも話題に!

35歳でこのハイジャンプはすごすぎる…。

なお、ディナモはCL初戦でユーヴェと激突し、0-2で敗れている(コロナ感染のロナウドは欠場)。