アルゼンチンが生み出した稀代の天才、ディエゴ・マラドーナ。1960年生まれの彼は10月30日の誕生日で60歳になる。

『France Football』のインタビューで60歳の誕生日に欲しいものを聞かれると、「イングランド相手にまたゴールを決められることを夢見るね!今度は右手で」とジョークを飛ばしていた。

マラドーナ擁するアルゼンチン代表が優勝を遂げた1986年のワールドカップ。準々決勝のイングランド戦で生まれたのが、「神の手ゴール」だ。この試合で副審を務めたボグダン・ドチェフさんは生前に「マラドーナは私の人生を壊した」と述べていたが…。

そうしたなか、25歳と全盛期にあった当時のマラドーナがどれほど凄かったのかが分かる映像を『ESPN』が伝えている。

当時ナポリに所属していたマラドーナはドロドロにぬかるんだピッチで超絶プレーを連発!「最後のゴールはスペシャル」とされているが、確かにすごい。

海外のファンたちは「ペレより上」、「史上最高だ…新世代にもこんなコンディションで練習できる選手はひとりもいない」などと反応していたぞ。

なお、60歳目前のマラドーナだが、新型コロナウイルス感染が疑われる人との濃厚接触があったとして、自宅での隔離に入ったとされている。