今週から来週にかけては各地でインターナショナルマッチが行われる。

『RT』によれば、ロシア代表はキャプテンであるゼニトFWアルチョム・ジュバを代表メンバーから除外したという。

32歳のジュバは2メートル近い長身を誇るストライカーだ。彼はマスターベーションビデオがネット上に流出・拡散されていたという。

スタニスラフ・チェルチェソフ代表監督は「ジュバの状況はスポーツ的な観点では代表とは何も関係ない」としつつ、「我々は誰もがピッチ内外で代表選手のレベルとステータスに見合ったものでなければならないと常に強調してきた。その点から、ジュバを代表に呼ばないことを決めた。チームと選手を過度なネガティブさと緊張から守るためにだ。アルチョムには状況を元通りにする時間があるだろう」とも述べたそう。

問題の映像はジュバがベッド上で自慰行為をするというもの。その映像には彼の元不倫相手である美人プレゼンターが出演するテレビ番組の音声が入っていたとも。

かつてジュバと恋仲だったという美人プレゼンターのマーシャさんはこんな人。

ジュバも所属チームのゼニトもビデオについてコメントしていないが、彼はInstagramのコメントをブロックしているとか。

なお、ジュバはチームメイトのイラン代表FWアズムンに腰を振る姿が話題になったこともある。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら