プレミアリーグ第8節、ホームでのアストン・ヴィラ戦に0-3で敗れたアーセナル。

開始50秒でネットを揺らされたシーンはVARで取り消されたものの、オウンゴールとオリー・ワトキンスの2発に沈んだ。ミケル・アルテタ監督は、本来のチームではなく自分たちの基準を下回るパフォーマンスだったとしつつ、その責任は自分にあると口にしていた。

そんな一戦では、アーセナルDFキーラン・ティアーニーのずっこけシーンが話題になっている。

この投稿をInstagramで見る
What the...... #ARSAVL #StadiumAstro
Stadium Astro(@stadium.astro)がシェアした投稿 -

相手FWワトキンスの逆を突こうとしたティアーニーだったが、足を滑らせて豪快に転倒!ボールをロストして、相手にプレゼントしてしまった…。

海外のファンは「10回は映像を見たけど、いまだに彼が何をやろうとしていたのか分からん」、「アーセナルはついにジョアン・ジュルの後継者を発見」などと反応。

ただ、よく見ると両足首をピッチにとられており、あわや大ケガという危ないシーンでもあった。幸いはことにティアーニーに怪我はなく、フル出場している。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら