DAZNと10のスポーツメディアによって構成される「DAZN欧州組応援部」。その新企画として、9月・10月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。

DAZN欧州組応援部

この企画は、DAZNで配信されている欧州の各国リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグアン、ベルギーリーグ。9月・10月度の対象期間は9月12日から10月27日となっている。

■参加する10メディア ※順不同

DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/超WORLDサッカー/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb

気になるTOP3、そしてQolyが独自で選出した“気になるプレーヤー”はこちら!

第3位:鈴木武蔵(ベールスホット)

6試合出場4ゴール

今夏渡欧したばかりだが、9月18日のシャルルロワ戦で初ゴールを決めるとその後も得点を重ね、スタメンに定着。1部リーグ復帰1年目で上位争いを繰り広げるチームの大きな力となっている。

第2位:酒井宏樹(マルセイユ)

7試合出場0ゴール

マルセイユで5シーズン目を迎え、期間中は全8試合に先発出場。計5人が退場したPSG戦でも粘り強い守備で1-0勝利に貢献した。長友佑都との日本代表SBコンビもここまでリーグ2試合で実現。

第1位:吉田麻也(サンプドリア)

4試合出場0ゴール

開幕直後は控えだったが、連敗スタートを受けて10月2日の第3節で今季初先発。そこからフィオレンティーナ、ラツィオ、アタランタという強豪相手の3連勝に貢献し、チームから大きな信頼を勝ち得た。

Qoly的“気になるプレーヤー”:三好康児(アントワープ)

三好康児

5試合出場1ゴール

三好は今季、驚きの右ウィングバックに挑戦中。右サイドのチャンスメーカーとして、特に10月は今季初ゴールを決めるなど全勝するチームの中でも活躍が光った。今回の代表戦ではぜひプレーする姿が見たい。