11月25日に心臓発作のため息を引き取った元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏。

60歳という若さで突如この世を去った彼の死は世界に衝撃を与えており、その最後の状況も大きな話題の一つになっている。

『Crarin』ではマラドーナ氏が最後に過ごしていた借家の中の写真も公開されており、十分なケアがなされていなかったのではないかという疑惑も浮上している。

【動画】これがマラドーナの終の棲家…全く普通の家だ

そして報告によれば、死亡したマラドーナ氏の遺体を解剖したところ、彼の心臓は通常とは異なる重さになっていたとのこと。

その重量はおよそ500グラムで、これは普通の健康な人間と比べて2倍ほどの大きさであるという。

なお、現在マラドーナ氏の死去に関する調査において、過失致死の疑いで主治医のレオポルド・ルケ氏の捜査が進められている。