近年イタリアと欧州の舞台で存在感を見せているアタランタ。

9日には、CLグループステージの突破をかけてアヤックスと対戦するが、彼らは最近の戦績のみならず、若手選手の発掘と育成にも定評があることで広く知られている。

そこで今回は、そんなアタランタが発掘し、高額の移籍金で巣立っていった選手たちをご紹介しよう。

ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(フィオレンティーナ)

ジャコモ・ボナヴェントゥーラ

ミランへの移籍金:500万ユーロ(およそ6.8億円)

ボナヴェントゥーラはアタランタユースで育成され、同チームで活躍していたMFだ。

2014年からは本田圭佑が「10番」を背負っていた当時のミランでプレー、低迷期にあった名門にあって強い輝きを放った。

ここ数年は大怪我による長期離脱もあり、かつてほどの活躍はできなくなっていたが、今季はフリーでフィオレンティーナへ加入し、主力としてプレーしている。

ちなみに、名前のジャコモにちなんで、英語風に"ジャック"というニックネームで親しまれている。