セルビアサッカー協会はTSCバーチュカ・トポラで監督を務めていたゾルタン・サボ氏が死去したと訃報を伝えた。

48歳のサボ氏は現役時代はパルチザン、水原三星、アビスパ福岡などでプレーした元DF。

短期間の在籍だったJリーグでは17試合の出場でイエローカード7枚、レッドカード2枚を貰っている。

【写真】 Jリーグ 2021シーズン新ユニフォームまとめ(J1・J2・J3)

引退後に指導者に転向し、TSCでは監督とスポーツディレクターを兼務していた。現地メディアによれば、心臓に問題があった可能性があるようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】