かつてドルトムントで活躍した元ドイツ代表ケヴィン・グロスクロイツが32歳での現役引退を発表した。

SNS上で「キャリアの終わり。あらゆる瞬間に感謝している。僕らはともに歴史を作った。さよならを言うよ、また会おう。ドルトムントもサポートをありがとう」とのメッセージを出したのだ。

【動画】これは伝説!香川とグロスクロイツの「最悪の仲良し」シーン

香川真司とも仲良しだったグロスクロイツにはドルトムントから「ケヴィン、僕らからもありがとうを言うよ!僕らは皆ドルトムントボーイだ!」とのメッセージが送られている。

また、ドルトムントDFマーセル・シュメルツァーも「君と左サイドでプレーできて幸せだった。幸運を祈っているよ」とのコメントを寄せた。