マルティン・ウーデゴールの獲得に近づいているアーセナルだが、この冬の移籍市場では人員整理も同時に行っている。

構想外になっていたメスト・エジルとソクラティス・パパスタソプロスは、それぞれフェネルバフチェとオリンピアコスにフリー移籍した。

『football.london』によれば、シュコドラン・ムスタフィも今月中の退団を希望しており、クラブと契約解除について話し合っているという。

契約が今季限りとなっているムスタフィはボクシングデー以降プレーしていない。仲が良かったエジルやセアド・コラシナツ(シャルケへローン移籍)らと同じように退団を目指しているとのこと。彼にはイタリア方面からオファーが寄せられているという。

【写真】エジルだけじゃない。今年「干され」を経験したスター10名

また、GKマシュー・ライアンを獲得したこともあり、アーセナルは今季獲得したばかりのGKルーナル・ルーナルソンをローンで放出することも検討しているようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら