フランスで大きな期待を寄せられるレンヌMFエドゥアルド・カマヴィンガ。18歳の彼にはレアル・マドリーやPSGなどが関心を寄せている。

『AS』によれば、カマヴィンガはレアル移籍を熱望しているものの、状況を考慮して加入を遅らせることを検討しているという。

レンヌとの契約は2022年までとなっており、今夏の移籍が理想的というのがこれまでの見方だった。ただ、レアルの財政難に加えて、自身の成長のためにもレンヌに1,2年残ることを考えているとのこと。

また、カマヴィンガはエージェントをステラーグループ(ギャレス・ベイルらを顧客に持つ大手)に変更したばかり。代理人からのアドバイスもあり、レンヌとの契約を延長する可能性があるという。

カマヴィンガ自身も「交渉や話し合いがあり、延長について話している。そうなる時はそうなるだろう。君らジャーナリストたちは移籍して欲しがっているけれど、今の僕はこのチームに100%注力している。どうなるかは見てみようよ」と話している。

【動画】これで17歳かよ…カマヴィンガ、衝撃だったフランス代表初ゴールシーン

本人はレアルへの移籍を熱望しているが、今夏ではなく数年先になりうるというのが現状のようだ。