スティーヴン・ジェラード監督が率いるレンジャーズは10年ぶりのリーグ優勝が近づいている。

2位セルティックがロスカウンティ相手にまさかの敗戦を喫したことで、首位レンジャーズとの勝点差は18ポイントに。

レンジャーズはあと3勝で自力優勝になるが、セルティックがまた負けた場合には3月6日にも優勝が決まる可能性がある。

そうしたなか、『Daily Mail』は「ジェラードのレンジャーズが来季のUEFAチャンピオンズリーグスポットを確保した」と伝えた。

ただ、グループステージへのストレートインではない。スコットランドリーグは優勝チームがCL予選3回戦、2位はCL予選2回戦からの出場になる。つまりレンジャーズは上位2位までに入ることが確定した形。

『BBC』によれば、ジェラード監督は「(優勝を)考えるのは普通のことだと思う。考えることで害はないと思うね。だが、あまりに早く浮かれることはしない。自分たちの仕事をやり遂げなけばいけない。チャンスはそこにあるが、まだ何も勝ち取っていない」と述べていたそう。

【動画】ゾーンに入ってる!?ジェラードも拍手したジャックのスーパーゴール

そのうえで、ジェラードは「現時点で一番嬉しいのは、選手たちがゾーンに入っていること。集中力と決意を持っていることが見てとれる」とも語っていたとか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】