2019年にマンチェスター・ユナイテッドからインテルへと移籍することになったベルギー代表FWロメル・ルカク。

彼の移籍金はおよそ7500万ポンド(およそ112億円)となっているが、その支払いは即時ではなく分割であり、そのうちのボーナスの一部が現在未払いになっているようだ。

『Corriere dello Sport』の報道によれば、マンチェスター・ユナイテッドとインテルの間には「未払い分が発生した場合、即時に残りの全額を支払う義務が生じる」という条項があるそう。

そのため、インテルはおよそ5000万ユーロ(およそ64.5億円)をマンチェスター・ユナイテッドに即座に支払わなければならない状況になっているそうだ。

とはいえインテルは現在オーナーの蘇寧グループも経営難に陥っていると言われており、支払いは不可能であるという。

そこでマンチェスター・ユナイテッドがインテルに提案したのが、「その残りの金額の代わりに、ラウタロ・マルティネスかミラン・シュクリニアルを譲渡してほしい」と提案したとのこと。

【写真】なぜ点が取れる?体は小さいが「偉大」だった6名のCF

なかなか首が回らない状況になっているインテル。赤い悪魔からの誘いをどのように捉えているのだろうか…。

今週末はアーセナルvsトッテナムに三笘vs三好!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら