シュトゥットガルトで評価を高めている日本代表MF遠藤航。

第23節シャルケ戦ではブンデスリーガ初ゴールを含めて2得点を叩き出し、5-1の勝利に貢献した。

そうしたなか、内田篤人から思わぬ反応があった。内田はDAZNで配信されている冠番組『FOOTBALL TIME』でこう述べていたのだ。

内田篤人

「こらっ!んはぁっ!

やばくない、シャルケ。大丈夫、ほんとうに。

(監督を含めて)上の人、4,5人外したもんね。

やばいって…。遠藤、なにしとるんじゃ。

でも、シュートとか見たけど、よかったね。対人強いし、イイ!

いいけども、もうちょっとシュトゥットガルトから1個、2個上のレベルに行って欲しいなと、個人的には。行けそうだと思います」

内田が愛する古巣シャルケは現在最下位と2部降格の危機に瀕している。それだけに「なにしとるんじゃ」という思いもあったとか。

【動画】うっちーも意気消沈?遠藤航、シャルケを砕いた2ゴールシーン

ただ、内田は対人の強さも持つ遠藤のプレーを評価しており、もっと上のレベルでもやれると見ているようだ。