世界各地で行われているワールドカップ予選。

欧州ではルクセンブルクがアイルランドを0-1で撃破する番狂わせも起きた。ホームで戦ったアイルランドだが、終了5分前に痛恨の失点。

Optaによれば、FIFAランク98位のルクセンブルクが予選でのアウェイマッチに勝利するのは2008年以来のことだったそう。

アイルランド代表のキャプテンであるシェイマス・コールマンは『RTE』の試合後インタビューで恥ずかしいとこぼしていた。

シェイマス・コールマン(アイルランド代表DF)

「ショッキングな結果、恥ずべき結果だ。

誰の後ろにも隠れない。これは選手としての自分たちのせいだ。我々は恥ずべきだ。

選手として、自分たちをよく見つめる必要がある。ボールを求める人間が必要だが、それが十分だったとは思えない。

片方のサイドでビルドアップしている時、逆側で(ボールを)求める人間が必要だ。その声が不十分だった。

自分はここでインタビューを受けなければいけないが、言葉はない。

家で見てくれた全ての人に代わって言うが、これは恥ずかしいことだ。

怒りと恥ずかしさがある。家にいる人達の気分を良くするために言えることは何もない。

唯一できるのは、選手として慎ましくして嵐を乗り越えること。

選手として批判を受けて当然だ。

厳しいW杯予選のスタートになったが、このユニフォームにプライドを見せる必要がある。今日はそれをしなかった。

望んでいたスタートではない。できることはどうにかして反撃することだが、乗り越えるのにはしばらく時間がかかる。恥ずべきだからね」

【動画】怒りと恥ずかしさ…代表主将コールマン、無念の会見シーン

アイルランドはW杯予選で開幕2連敗。この日は19歳のGKギャヴィン・バズヌを代表デビューさせたが、格下相手に痛恨の敗戦となってしまった。