日本代表の10番としてW杯予選モンゴル戦でしっかりゴールを決めた南野拓実。 

週末に行われたプレミアリーグ第30節サウサンプトン対バーンリー戦ではベンチ入りしたものの出場機会は訪れなかった。

ただ、『Hampshire Live』によれば、セインツファンたちは南野のある姿に反応していたそう。

セインツが3-2で逆転勝ちした一戦は白熱の展開。2点をひっくり返す逆転ゴールを決めたネイサン・レドモンドに真っ先に抱きついたのは南野だった。

セレブレーションにしっかり参加していた南野の姿にファンたちは「最高」などと反応しており、それを地元紙も取り上げていたというわけ。

【動画】ファン歓喜!南野拓実、レドモンドに抱きついたハグシーン

降格圏との勝点差を10ポイントにしたこの日の勝利はセインツにとって大きなものだった。

今週末には19位WBAと対戦するが、南野のピッチ上での活躍に期待したい。