昨季は圧倒的な強さでプレミアリーグ初優勝を遂げながら、今季は怪我人続出に苦しんでいるリヴァプール。

第31節アストン・ヴィラ戦に2-1で逆転勝ちを収め、ある記録に終止符を打った。

Optaによれば、アンフィールドでのリーグ戦で12時間44分も流れのなかからゴールがなかったそう。この試合でモハメド・サラーが決めた得点によって、その記録がついに終わったのだ。

その得点は右から左に展開した後、アンディ・ロバートソンのシュートのこぼれをサラーが押し込む形だった。『Sky Sports』によれば、試合後にサラーはこう述べていたそう。

モハメド・サラー(リヴァプールFW)

「ついにだね!

すごい試合、タフな試合だったけれど、僕らが勝った。それが一番大事さ」

「この数試合はここで負けていた。アンフィールドで何試合も勝てないのはつらい。

前半は『Oh no!またかよ…』って感じだったけれど、後半の僕らはいい仕事をしたよ。

勝つのは本当に大事。残りは7試合だっけ?なら本当に大事だ。

来季もCLでプレーしたいけれど、毎試合集中することが必要さ」

また、この試合でトレント・アレクサンダー=アーノルドが決めた逆転のスーパーゴールも話題になっている。

【動画】サラーも絶賛!TAAがぶち込んだ鬼のスーパーゴール

代表落選で話題になったばかりの彼について、ジェームズ・ミルナーは「順風満帆のキャリアだったから、代表落ちは初めて味わう失望だったかもね。でも、彼はものすごいゴールを決めた。僕らも嬉しいよ」と讃えていた。

今週末はアーセナルvsトッテナムに三笘vs三好!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら