フロレンティーノ・ペレス氏がレアル・マドリーの会長に再選した。

『AS』によれば、他の立候補者が不在だったため、ペレス氏の再選が決まり、2025年まで続投することになったとのこと。

74歳のペレス氏が最初にレアルの会長に就任したのは2000年。2006年に退陣した後、2009年にふたたび会長に返り咲くと、10年以上に渡りクラブを統治してきた。

【動画】元レアル選手!NBAドンチッチがやった足での神業トラップ

レアルはペレス会長のもとで47ものタイトルを勝ちとってきたという。また、サッカーチームだけでなく、レアルのバスケットボールチームも21ものタイトルを手にしているとか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】