半年間ほどの無所属期間を経て、ギリシャのPAOKに加入した香川真司。

ただ、コンディション不良もあり、いまだノーゴールに留まっている。

その香川は、幻冬舎から出版される自叙伝に合わせて取材に応じ、日本代表復帰への意欲などを語った。

地元紙『Η Άποψη』でも「香川が代表チームに復帰できると発言」とその話題を伝えている。

そのうえで、「香川がPAOKに加わった最初の瞬間から、彼は“元”選手である証拠を示してきた。それがパブロ・ガルシア監督が彼をスタメンで起用しない理由だ」という厳しい評価も。“元”選手というのは、終わった選手ということだろうか…。

【動画】代表復帰を狙う香川、32歳になった今の“腹筋”シーン

香川本人は、プレーできていないのは厳しい状況と認めつつ、自信は失っていないとも語っている。シーズンの残り試合は少ないが、ここからの逆襲に期待したい。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら