29日にマンチェスター・シティとのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝1stレグを控えるPSG。

25日に行われたリーグアン第34節メス戦には1-3で勝利したが、キリアン・エムバペが負傷交代となってしまった。

この日2ゴールの活躍だったエムバペだが、後半43分に交代。『Le Parisien』によれば、マウリシオ・ポッチェティーノ監督はこう述べたという。

マウリシオ・ポッチェティーノ(PSG監督)

「(エムバペの怪我は心配か?)

彼は太腿に打撲を負った。深刻なものではないことを願っている。彼は落ち着いていた。

松葉杖(姿?)はいつだって痛々しいものだ。全てがうまくいくのを願っている」

軽傷であることを願うとコメントしていたようだ。

なお、この日のエムバペは珍しくボックス外からのゴールを決めた(強烈なシュートが相手DFに当たりGKが反応できず)。

【動画】これは超レア!エムバペ、ボックス外から突き刺した爆裂シュート

ポッチェティーノ監督は「キリアンは多才で完成された選手だ。右足でも左足でも、ボックスの中でも外でもゴールできる」とも述べていたという。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら