ロナルト・クーマン監督のもとでトップ起用されるなど、バルセロナ加入後最高のシーズンを過ごしているウスマヌ・デンベレ。

彼の契約は2022年までとなっているが、『CatalunyaRadio』によれば、本人が延長を望んでいないことから、バルサは売却を検討しているという。

デンベレは昨夏にバルサが自分を売ろうとしたことに傷ついたそうで、契約延長には関心がないように見えるとのこと。

バルサ側は契約満了での0円流出を避けるために今夏の現金化を検討しているそう。ユヴェントスやリヴァプールなどがデンベレに興味を示しているというが…。

【動画】これは本気のデンベレ!CLでやった超人的スピードシーン

一方、マンチェスター・シティとの契約が満了になるエリック・ガルシアのバルサ移籍はほぼ決まりのようだ。

『Mundo Deportivo』によれば、バルサと彼の代理人は交渉の最終段階にあり、問題がなければ来季からの加入が決まるとのこと。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら