今季イタリア・セリエAの優勝を果たしたインテル。そのチームの中で大きな役割を果たしたのがエースストライカーのロメル・ルカクだった。

『fanpage』によれば、彼はラツィオ戦の前に発表されたマッチデープログラムのなかで以下のように話していたとか。

ロメル・ルカク

「僕はいつもインテルでプレーしたいと思っていたんだよ。このシャツを着られることを信じられないほど誇りに思っている。素晴らしいものだ。

アントニオ・コンテとも特別な関係を感じていた。インテルに加入したとき、彼には『ルカクが来たぜ』とメッセージを送ったんだ。

加入後最高のゴールはミラン戦のものだね。自分のすべての特徴が出たものだ。スピード、パワー、そして精度。僕にとっても、チームにとっても深い意味があった。

インテルの好きな選手?ジュリオ・セーザルは並外れていて、優れたスキルと素晴らしいカリスマ性を備えていたね。

あとはマイコン。彼はスピードとテクニックを兼ね備えた選手だった。

アドリアーノに関して言えば、彼が決めたゴールのすべてに心を掴まれたね。

サミュエル・エトーはその決意と存在感がインスピレーションを与えてくれた。

そしてロナウド。彼はサッカーに運命づけられた男だった」

【動画】インテル、優勝を記念した今季の全ゴールが公開されていた

加入時にももともとインテルのサポーターであったことを明かしていたロメル・ルカク。愛するクラブでプレーできることに幸せを感じているようだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら