ユヴェントスのセリエA10連覇を阻止し、2009-10シーズン以来となるスクデットを獲得したインテル。

その両チームがイタリアダービーで激突する。ここでは、2チームで風変わりな背番号をつけた選手をとりあげてみる。

インテル3番:モハメド・カロン

モハメド・カロン

アタッカーにもかかわらず小さな背番号を背負ったシエラレオネ代表FW。

代表では10番を好んだが、レッジーナやヴィチェンツァでは2番、インテルでは3番を着けた。

モハメド・カロン

「僕が加入した当時のインテルにはセードルフ、ロナウド、ヴィエリたちがいて、自分が欲しい背番号を選ぶことは不可能だった。

だから、空いてる番号を探した。3番を目にして、それをとったんだ。

レッジーナで2番だったのは、アンドレア・ピルロが10番だったからさ。

インテルでは背番号100だろうと喜んでプレーしたよ」