佳境を迎えているプレミアリーグ。トッテナムは第36節のウォルヴァーハンプトン戦に2-0で勝利した。

ただ、マンオブザマッチに選ばれたのは、ウルヴスDFコナー・コーディー。

トッテナムのライアン・メイソン暫定監督は試合後のインタビューでおかしいと指摘していた。

ライアン・メイソン(トッテナム暫定監督)

「個人的には、デル(・アリ)がマンオブザマッチだね。

そのチームが2失点して、被枠内シュートも2倍だった時に、CBがマンオブザマッチなのはおかしい」

実際にはスパーズの枠内シュートは13、ウルヴスは3本。海外のファンたちも概ねメイソンの意見に賛同しているようだ。

【動画】これでMOM!?スパーズ、ウルヴスに浴びせたゴールシーン

そのうえで、メイソン監督は「彼はプロフェッショナルだ。プロ選手が長い間ベンチにいるのは簡単ではない。デルは最近3試合に先発している。それが多くを物語っているよ。彼はサッカーが大好きだし、走って闘う。本人はゴールできなかったことにがっかりしていたけれど、本当にいい試合をしたよ」とデル・アリを絶賛していた。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】