先日、レスターに敗れてFAカップ優勝を逃したチェルシー。

プレミアリーグ第37節での再戦には2-1で勝利してリベンジを果たした。この試合で先制ゴールを決めたDFアントニオ・リュディガーは試合後にレスターに苦言を呈していた。

アントニオ・リュディガー(チェルシーDF)

「残念ながら、レスターの何人かはお祝いの仕方を分かっていない。

僕らは彼らをこらしめなければいけなかった。

土曜日(FAカップ決勝)の後、彼らの数人がモチベーションをくれた。

彼らの優勝にはおめでとうを言うよ。

でも、クラブの歴史を軽んじてはならない。それは個人よりも少し大きなものだ」

FAカップ優勝後に物議を醸したのが、レスターDFダニエル・アマーティの愚行。

彼がチェルシーのペナントを投げ捨てる映像が拡散されたことで、レスターはチェルシーに謝罪するはめになった。どうやらあの一件でチェルシーは燃えていたようだ。

(以下動画5分43秒~)

【動画】因縁勃発!?チェルシーvsレスター戦の乱闘シーン

また、この試合では終盤にリュディガーとリカルド・ペレイラの衝突から両チームの乱闘が勃発している。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら