セルビア代表との国際親善試合に1-0で勝利した日本代表。

先発起用された南野拓実は82分までプレーしたものの得点は奪えず。

試合後には仲良しの室屋成から「お前こいよ、アレ。どこに突っ立てたん」と突っ込まれる場面も。その光景がこちら。

室屋に「めちゃめちゃ空いてたよ」とも指摘された南野は「ノールックで蹴るんやったら分からん…見てるのか見てないのか分かんない…言っといてくれな(笑)」と返答。これに室屋は「いやいや、目をつぶってでも来てくれな(笑)」と返しており、2人の仲の良さが伝わってくるようなシーンだった。

【動画】日本代表のイケメンコンビ!?南野と江坂任の仲良しシーン

ただ、南野はこの試合では最後のクオリティが少し低かったと本音も漏らしていた。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら