43歳になった元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン。

ユヴェントスを退団する彼はセリエBに降格した古巣パルマへの復帰が決まった。

10代でデビューしたパルマでは220試合に出場したが、一部は彼の復帰を快く思っていないようだ。

『Tuttomercatoweb』によれば、あるウルトラスグループが「お前は傭兵として去った、英雄として戻ってくることはできない。このユニフォームに敬意を払え」とのバナーを掲げつつ、「20年前、お前はクソみたいなユニフォーム(ユーヴェ)は絶対に着ないと約束した。その3週間後、お前はユーヴェと契約した。今、お前は自分を欧州で優勝させてくれた唯一のクラブに戻ってきた。俺たちが言いたいのは、お前はいつでも小さな男だということだ」との声明を出したという。

一部のパルマサポーターはブッフォンを裏切り者と見ているようだ。ユーヴェではCL優勝を成し遂げられなかったブッフォンだが、パルマ時代の1998-99シーズンにUEFAカップ優勝を経験している。

【動画】面子すごすぎ!最強時代のパルマ、鬼プレーシーン

また、『TMW』によれば、ブッフォン本人も「自分のキャリアで最も愛しいものとして覚えている年はパリでのもの。フランス以外で見せられたことがない敬意を感じた」と語っているそう。

海外のファンたちは、ブッフォンはイタリア国外でのほうがいいイメージがあるとしつつ、どのクラブにも愚かなウルトラスはいるものなどと反応している。