グループステージ全勝でEURO2020の決勝トーナメント進出を決めたイタリア代表。

そのなかでロベルト・マンチーニ監督がウェールズとのグループステージ最終戦で見せた采配が話題になっている。

1-0でリードした後半44分に守護神ジャンルイージ・ドンナルンマと控えGKサルヴァトーレ・シリグを交代させたのだ。

すでに突破は決まっている状況ではあったが、5人目の交代枠で控えGKを投入するとは…。ドンナルンマが怪我をしたわけでもなかった。

そうしたなか、ニッキー・バンディーニ氏の「マンチーニはシリグを数分だけゴールに送り出した。彼のチームに対するアプローチは自身の選手としての後悔を物語っている。彼は1990年W杯に参加したが、プレーはしなかった。あの舞台で一度もプレーできなかったことが最大の後悔であることを言い表している」というつぶやきが話題になっている。

現役時代は天才的な選手として活躍したマンチーニはイタリア代表として36試合に出場。イタリアが3位になった1990年ワールドカップではメンバーに入ったが、出場機会はなし。結局、彼はワールドカップで1分もプレーすることなく引退している。

【動画】これでW杯出場なしかよ…マンチーニ、現役時代の変態ボレー

自分と同じ控え選手の気持ちが分かっているとして、今回の采配はファンから評価されているようだ。

ただ、シリグはすでにEUROとワールドカップの舞台でプレーした経験はある。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら