EURO2020決勝、イングランドはPK戦の末にイタリアに敗れて準優勝に終わった。

これまでもPK戦とは相性が悪かったが、この試合ではマーカス・ラッシュフォード、ジェイドン・サンチョ、ブカヨ・サカが3人連続失敗。ラッシュフォードとサンチョはPK戦直前に投入したが、まさかの裏目に…。

19歳のサカは敗戦後に涙しており、仲間たちが彼を慰めていた。試合後、サウスゲイト監督は自分のせいだと述べている。

ギャレス・サウスゲイト(イングランド代表監督)

「(サカのPK失敗は)自分のせいだ。

練習での彼らを見て、私がPKキッカーを決めた。どの選手にも責任はない。

我々はチームとして一緒に勝ってきた。今夜の試合に勝てなかったのも全員一緒だ。

PKについては、私の判断であり、完全に自分に委ねられていた」

PKについてはキッカーを決めた自分に責任があると話していたようだ。 また、ハリー・ケインも「誰もがPKをミスしうる。自分たちは勝つときも負けるときも一緒だ」とコメント。

【動画】これはつらい…19歳サカ、無念のPK失敗シーン

一方、イタリアのロベルト・マンチーニ監督は「PK戦にはちょっとした運が必要だ。イングランドのことは少し気の毒に思う、素晴らしい大会を送っていたからね」と述べていた。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら