リーグアン連覇を逃したPSG。ブレストとの最終節に0-2で勝利したものの、リールに勝点1ポイントだけ及ばなかった。

そのブレスト戦ではネイマールが得意としているPKを失敗。GKが届かない右下を狙ったキックはまさかの枠外に…。

予想外の失敗に思わず顔を覆ったネイマール。ブレストGKがネイマールから見て右側を大きく空けるようなポジションをしていたことも話題になっている。

海外では「GK側のパネンカ」、「ガチの天才。ネイマールは異常なPK記録を持っているので、GKは何かをしなければいけなった」などと反応していた。

(以下動画1分5秒~)

【動画】相手GKが幻惑!?ネイマール、まさかの大失敗PKシーン

ネイマールがPKを失敗するのは2019年12月のサンテティエンヌ戦以来(その時は右ポスト直撃)。

最終戦はノーゴールだったことで今季リーグ戦では9得点と二桁に届かず。リーグ戦で10点に満たなかったのは、バルセロナ1年目の2013-14シーズン以来のこと。

今季のPSGはクプドゥフランスの一冠で終了。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、悲しいし失望しているとしつつ、楽観的に将来を見据えているとも述べていた。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら