ウルグアイサッカー協会は、ウィリアムス・マルティネスの死に深い悲しみとショックを受けていると訃報を伝えた。

亡くなったウィリアムス・ギジェルモ・マルティネス・フラッキアは1982年生まれの38歳。

1試合だけではあるがウルグアイ代表経験も持つDFでプレミアリーグやリーグアンを含めて多くのリーグでプレーしてきた選手だ。

【動画】RIP…ウィリアムス・マルティネス、現役最後のゴールシーン

『OVACIÓN』によれば、死因は自殺だという。彼がプレーした多くのクラブからその死を悼むメッセージが送られている。