ユヴェントスの開幕戦でベンチスタートになったクリスティアーノ・ロナウド。

パヴェル・ネドヴェド副会長らは残留を明言しているが、ロナウド側がマンチェスター・シティに逆オファーをもちかけていたとも伝えられている。

そうしたなか、ユヴェントスで2006~2009年まで会長を務めたジョヴァンニ・ジッリ氏がロナウドに言及。『A Bola』によれば、こう述べたという。

ジョヴァンニ・ジッリ(ユヴェントス元会長)

「常に言ってきたが、ロナウドの獲得は過ちだった。

投資を回収するのは不可能だろうが、早く退団したほうが彼にとってもユーヴェにとってもいい。

パウロ・ディバラとの契約を更新して、ロナウドを売るのが、全ての関係者にとってベスト。

ただ、ロナウドのような選手があと7日で移籍できるとは思えない。だから、彼は残るだろう」

「ウディネーゼ戦でベンチだったように、監督が彼のベストな起用法を分かってくれればいい。

ロナウドはユーヴェの攻撃を混乱させる。彼がいなければ、組織で素晴らしいことができる」

同氏は以前にもユーヴェのロナウド獲得は間違いだったと語っている。

【動画】ロナウドがっかり…開幕戦で取り消された幻ゴールシーン

夏の移籍期限まであと1週間だが、最後に大きな動きが起きるのだろうか。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら