冬の移籍市場も残すところあとわずか。ここでは、『sportskeeda』による「サッカー史上、最も奇妙だった移籍TOP5」を見てみよう。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

ケヴィン=プリンス・ボアテング

2019年1月、サッスオーロ⇒バルセロナ

この電撃移籍は多くの驚きを誘った。世界最大のクラブのひとつがピークを過ぎた選手を獲得したのだから。

バルサ史上初のガーナ人選手になったボアテングは、その類稀なキャリアに新たなページを刻んだ。

これまで所属してきたクラブはヘルタ、トッテナム、ドルトムント、ポーツマス、ミラン、シャルケ、ラス・パルマス、フランクフルト、サッスオーロ、そしてバルサ。

強さ、速さ、得点への嗅覚を備えた彼は、大物になると期待されていた。ただ、最大の不満点は比較的低い得点レートかもしれない。398試合で61ゴールなのだ。

パコ・アルカセルとムニールを売ったバルサは、ルイス・スアレスに休養を与えられるようなバックアップFWを探していた。

そこで引き入れられたのが、31歳のボアテングだった。買い取りオプションは行使されないかもしれないが…。