ブンデスリーガ9連覇中の王者バイエルン・ミュンヘン。

今夏の移籍市場では、昨季2位だったライプツィヒからユリアン・ナーゲルスマン監督、大器DFダヨ・ウパメカノ、主将マーセル・ザビッツァーを一気に引き抜いた。

『ESPN』によれば、ライプツィヒのアメリカ代表MFタイラー・アダムスは『The Athletic』でこんな話をしていたそう。

タイラー・アダムス(RBライプツィヒMF)

「全てのドイツクラブが彼ら(バイエルン)に売っているという事実ほど腹立たしいことはない。

ギョッとする、最悪だ」

アダムスは、選手がライバルクラブに行ってしまうのはきついとしつつ、そういう相手に勝てばよりいい気分になるとも述べていたとか。

また、今季からライプツィヒを指揮するジェシー・マーシュ監督も「戦略的にリーグを共食いさせて、強さを削ぐ」バイエルンの無慈悲さは「驚くべきもの」と話していたそう。

【動画】無慈悲補強のバイエルン、ライプツィヒを粉砕した全ゴールシーン

なお、この日行われた両チームの対決は1-4でバイエルンが勝利している。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら