夏に行われた東京オリンピックにも出場したブラジル代表DFダニ・アウヴェス。今回所属していたサンパウロを退団することになった。

【動画】スペインを相手に勝利を収め、東京オリンピックの金メダルを獲得したブラジル代表

その原因は給与の未払いが続いたことで、ダニ・アウヴェスの月給150万レアル(およそ3000万円)が高額すぎたためにクラブが負担できなくなっていたという。

ダニ・アウヴェス側は「給与を支払わない限りこれ以上プレーしない」という声明をクラブに送ったため、退団を前提に交渉が行われていた。

今回の契約解除によって、サンパウロはダニ・アウヴェスの残りの給与を2022年1月から5年間の分割で支払うことに合意。その総額はおよそ1800万レアル(およそ3億6000万円)になるそう。

ダニ・アウヴェスはこれによってフリーエージェントになるものの、ブラジルの選手登録期限は24日までとなっているため、迅速に契約をまとめる必要があるという。

なお、『Globo』によれば、サンパウロはダニ・アウヴェスをフラメンゴとパウメイラスに売り込んでいたものの、給与の高さと、カップタイドのためにコパ・リベルタドーレスでプレーできないという事実がネックになっていたそう。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら