アーセナルに移籍した冨安健洋はノリッジとのデビュー戦で上々の評価を得た。

『Telegraph』では、日本代表の冨安はフィジカル的に屈強であり、イタリアで守備を磨いたと評価。さらに、「冨安の加入でアーセナルはプレミアリーグ発足以降においてクラブ史上最高身長のDFラインになった」とも伝えている。

右サイドバックの冨安は188cm、CBのガブリエウ・マガリャイスは190cm、ベン・ホワイトも182cm、左サイドバックのキーラン・ティアーニーは180cmほど。

ただ、ベン・ホワイトは空中戦を不得手にしており、同紙でもバーンリーの“砲撃”にアーセナルは苦慮したと指摘している。

【動画】冨安、英雄になり損ねる!アーセナル初戦での未遂シーン

とはいえ、冨安はセンターバックとしてもプレー可能なため、その点でも大きな補強になったと評価されているようだ。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら