クリスティアーノ・ロナウドの復帰に沸いているマンチェスター・ユナイテッド。

先日のウェストハム戦ではそのロナウドが倒されたシーンでPKが与えられなかったことが物議を醸した。

『Manchester Evening News』によれば、スールシャール監督はこんな発言をしていたそう。

オレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「我々が望んでいるのは、自分たちがふさわしいものを受けられることだけだ。

この2試合では3つのPKを与えられるべきだった。

昨年、ある監督が我々にPKを与えられることを心配し始めていたが、それ以降、(PKを)与える判定はより厳しくなったように思える」

「あれ以降、大きな違いを目にしている。

だが、それは審判たちに任せるしかないし、彼らがすぐに正しい判定を下してくれることに期待している」

スールシャール監督が揶揄したのは、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督の発言。1月に「ユナイテッドが2年間で得たPKは私の5年半よりも多いと聞いた。それが私のせいなのか、どうしてそんなことがありえるのか、全く分からない」と語っていた。

【動画】これは誤審か…ロナウドが倒された問題のノーPKシーン

昨季2020-21シーズンにユナイテッドに与えれたPKの数はリーグで2番目に多い11度。ただ、今季はリーグ戦でまだ1本もPKがない。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら