10月1日に行われたJ1リーグ第31節、湘南ベルマーレ対横浜F・マリノスの「神奈川ダービー」は、0-1という結果で終了した。

残留争いに臨んでいる湘南ベルマーレが固い守備からペースを握る展開だったが、横浜F・マリノスが66分に先制点を奪取。

【動画】一瞬のスキを狙った仲川輝人、そしてあっという間にペナルティエリアに入ってきた前田大然!

ほとんどシュートを打てない状況の中でゴールをこじ開け、神奈川ダービーでの勝利に成功した横浜F・マリノス。

監督を務めているケヴィン・マスカット氏はこの展開について「奇妙な試合だった」と前置きをしつつ、以下のように話していた。

ケヴィン・マスカット

「Jリーグでは順位は関係なくレベルの高いリーグ。川崎対湘南の試合でもそうだったのでこの展開は驚きではない。湘南の山口監督はとてもいいチームを作っている。

マリノスは攻撃的なサッカーをすると思われているが、このような組織的なディフェンスをする相手を崩すことは簡単ではないんだ。

湘南は我々を分析して素晴らしいサッカーをした。難しくさせられるプレーをしていた。そのようなときにどうすればいいかはわかっているので、修正して次に向かっていきたい」

横浜F・マリノスはインターナショナルマッチウィークを挟んで16日に北海道コンサドーレ札幌との試合を迎える予定だ。

なお対して湘南ベルマーレの山口智監督は、「いい内容であったことは事実だが、それに自信を持つ一方で、結果にシビアになっていかないといけない」と、勝ち点に結びつかなかったことを悔やんでいた。