日本代表チームは16日、敵地でワールドカップ予選のオマーン戦に臨み、1-0で勝利を収めることに成功した。

後半に投入された中山雄太のボール奪取から三笘薫がサイドを突破し、伊東純也がクロスに飛び込んでゴール。そのリードを守りきって、3ポイントをゲットした。

貴重すぎる先制ゴールを決めることに成功した伊東純也は、試合後『DAZN』のフラッシュインタビューで以下のように話した。

伊東純也

「(先制点について)クロスからのところは入っていくように狙っていました。薫(三笘薫)からいいボールが来たので、あそこに詰めるように意識していました。

オマーンは自分のところに結構人数をかけて止めに来ていたので、前半はちょっと難しくなっていました。

後半には薫が入ってきたので、彼のところにチェンジしたら1対1になりました。そこで仕掛ければチャンスが生まれていたかなと思います。

最終予選の厳しい戦いの中で、やっぱり勝点3を取ることが大事だと思います。今日勝ったことでオーストラリアと順位が入れ替わりました。勝ったことが全てだと思います」

【写真】ワールドカップに出られない?敗退の危機に直面するスーパースター5名

なお、日本代表の次の試合は1月27日の中国戦。さらに2月に入ってサウジアラビア戦が待っている。両方とも日本のホームで行われる予定だ。