16日に行われたワールドカップ2022・アジア最終予選の第6節、日本代表チームはオマーンと敵地で対戦し、1-0で勝利を収めた。

後半に投入された中山雄太のボール奪取からショートカウンターが始まり、左サイドを破った三笘薫がクロス。ファーに詰めた伊東純也が合わせ、決勝点を叩き込んだ。

【動画】ファーストタッチからのドリブル突破でオマーンのファウルを誘った三笘薫

左サイドで三笘薫とのコンビを組んだ中山雄太は、その得点の起点になったパスについて以下のように話した。

中山雄太

「まずはビルドアップの部分で落ち着いてやること、起点になることを伝えられていました。

ただ一緒に左サイドでプレーするのが薫だったので、そこはしっかりコミュニケーションをとってやってくれと。そこは意識し合えたのかなと思います。

薫へのパスは、ちょっと僕の中では弱かったんです。薫のおかげで良いパスみたいに見えたのはありますね。

良かった点で言えばトランジション(切り替え)の部分でした。

薫の特徴はドリブルでの1対1だったので、そのときにできるだけ近い位置でサポートすることで、もし仮にボールを失っても二次攻撃に繋げられるポジショニングになる。

その意識が結果ボールを奪えてあの形を作れた。そこは自分に対してすごく評価したい部分ですね。

ただパスの質という点では薫に助けられたので、そこはしっかりこだわっていきたいと思います。

薫のような個で剥がして相手の脅威になっていく選手というのは、あまり日本にいないタイプだと思うので、そこを最大限に活かせるようなプレーをしていくこと。

僕としてはタイプの違う拓実くん(南野)とも一緒にやって違ったプレーを見せたいというのもあります。今後誰が出たとしても、組む選手の違いで自分が変われるというのが僕の理想です」