UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節、バルセロナはホームでのベンフィカ戦に0-0で引き分けた。

チャビ新監督率いるチームは61%のポゼッション、14本のシュートを放つもゴールを奪えず。

終了間際にロナルド・アラウホのゴールがオフサイドで取り消された後にはカウンターから大ピンチが到来。だが、ハリス・セフェロヴィッチのシュートは枠外に外れ、バルサは命拾いした。

GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンまで外したが…。セフェロヴィッチが決定機を逸した直後、ベンフィカのジョルジュ・ジェスス監督は思わずその場に倒れ込んでいた。

『ELEVEN』によれば、そのジェスス監督は「30年間も監督をしているが、あんなチャンスをミスする選手は見たことがない。ほとんどありえないが、サッカーはこういうものだ。サプライズがある」とこぼしていたそう。

【動画】バロンドールなるか!最強レヴァンドフスキ、CLでやった衝撃バイシクル

グループEは首位バイエルンの突破が決定済みで、2位バルサと3位ベンフィカとの勝点差は2。勝負は最終節に委ねられることになった。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら