先日オレ・グンナー・スールシャール監督を解任したマンチェスター・ユナイテッド。現在ラルフ・ラングニック氏と暫定指揮官就任に向けた交渉を行っているとのこと。

ラルフ・ラングニック氏はレッドブル・グループのコーディネーターとしてRBライプツィヒやレッドブル・ザルツブルクの強化に携わった指揮官。

現在はロコモティフ・モスクワの開発責任者を務めているが、現在マンチェスター・ユナイテッドが彼との交渉に望んでいるそう。

『Guardian』によれば、ラングニック氏は2024年か2025年までの契約が保証されている場合のみユナイテッドのポストを受け入れる予定だそうで、クラブ側はそれに同意したとも。

【関連記事】「監督として微妙だった」ユナイテッドのレジェンド9名

現在エルネスト・バルベルデ、ルディ・ガルシアなどさまざまな監督と交渉を行っているというマンチェスター・ユナイテッド。

マイケル・キャリック氏が現在暫定指揮官としてチームを率いている状況で、今週末はチェルシーとの対戦に臨む予定だ。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら