レアル・マドリーからPSGに移籍したセルヒオ・ラモスがついに新天地デビューを果たした。

故障のために離脱していたが、リーグアン第15節サンテティエンヌ戦に先発。90分間フル出場し、チームも1-3で勝利を収めている。

そのラモスは、サッカーができない苦痛を味わったこの数か月は難しいものであり、復帰の瞬間を待ち望んでいたなどとのメッセージを出した。また、全ては過去のことになったので、今後は楽観的かつ野心的に前を向くとも宣言している。

そんなラモスは『Prime Video Sport France』でこうも述べていたそう。

セルヒオ・ラモス(PSG DF)

「リーグアンはフィジカル的にものすごくハードだ。

プレミアリーグやラ・リーガだけだと思われていたハイペースのプレーがある。

非常に強いチームもある。それによって、結果はより拮抗したものになっている。

ここに来るという新たなチャレンジを本当に気に入っているよ」

リーグアンは非常にフィジカルで、プレースピードも速いと感じたようだ。

【動画】セルヒオ・ラモスvsメッシ、クラシコでの喧嘩シーン

ラモスが復帰したことで、PSGは3バックを使う可能性が出てきた。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「フレキシブルであることは常に大事だ。異なるシステムの様々なチームと対戦する試合が多くある。いくつかのオプションを持つことは考えられる。数試合で使うかもしれない」と認めていたとのこと。