ウェールズでプレーしているという「サッカーの歴史上最も高齢のゴールキーパー」が話題になっているようだ。

彼はアラン・カムセルという人物で、御年88歳!コンウィーという地域にあるペンリン・ベイ・ストローラーズFCというクラブに所属しているそう。

【動画】88歳でまだプレーを続ける情熱のGKアラン・カムセル

彼は40代からゴールキーパーを始め、それ以来ずっと何十年もプレーを続けてきたとのこと。

アラン・カムセル

「最初は同じような年齢のチームで始めたが、年を追うごとに引っ越す者、辞める者、年をとってプレーできなくなった者がでてきた。

仲間は徐々に息子のような年齢になり、孫のような年齢になり、今や30代の若者たちとプレーするようになった。私は80代になっていたよ。

土曜日にはいろいろなところが痛むが、金曜日にプレーする時はとても楽しいよ。

心臓がドキドキして、呼吸が早くなる。それを感じることが自分の体にもいいことはわかっている。88歳でもまだ楽しんでいるよ」

もともとはゴールを決められるほどのスピードがあったそうだが、年をとって息切れするようになり、徐々にポジションが下がっていったのだという。