オーストラリア・Aリーグのアデレード・ユナイテッドは14日、「清水エスパルスからFW指宿洋史を獲得した」と公式発表した。

契約期間は今シーズン終了までの半年間となっているとのこと。

指宿洋史は柏レイソルの下部組織からスペインに渡り、ジローナやサラゴサ、サバデル、セビージャ、バレンシアなどに所属したストライカー。

2014年からは日本に戻り、アルビレックス新潟、ジェフユナイテッド千葉、湘南ベルマーレ、そして清水エスパルスでプレーしていた。

昨年限りで契約が満了となったことで退団していたが、今回オーストラリアに新天地を求めることになった。

アデレード・ユナイテッドはこれまで6回のAFCチャンピオンズリーグ出場を果たしたオーストラリアの名門クラブ。

男子チームには日系選手の加藤カレッティ丈が所属している他、女子のセクションには大宮玲央奈が在籍中である。

【写真】「オーストラリアのリーグでプレーした日本人選手」印象的なTOP10

Aリーグは秋春制であるが今シーズンは11月に開幕しており、まだ数試合を終えたのみ。アデレードは7試合を終えて1勝4分け2敗という結果で、12チーム中7位につけている。